鍵紛失や鍵交換時に鍵屋へ依頼する前に行なうべきこと

鍵屋を呼ぶ際に用意しておく物

鍵を開けることは個人の大事なエリアへの出入りを可能にすることなので、責任重大な作業と言えます。鍵屋では依頼を受ける際に確認していることがあります。家の解錠の際に必要になるのが、顔写真が載っていて住所も確認できる公的証明書です。車の解錠の場合は、車の名義人の免許証もしくは、自賠責保険証や車検証の確認が必要です。

解錠後にやっておくべきこと

鍵の紛失は、その後の対処もしっかり行なっておく必要があります。ここでは鍵修理が済んだ後の手順を見てみましょう。

警察に紛失届を提出する

鍵紛失に気がついたときにまず取らなければならない対処が警察への届けです。どこで紛失したか定かではないことが多いかと思うので、そのままにしておくことは防犯上とても危険です。鍵と共に免許証などを入れたカバンごと紛失した場合は、身元確認ができることから住所を調べて不正解錠や様々なトラブルに巻き込まれるリスクも高くなります。警察署以外に交番でも事情を話して名前や住所、落としたと思われる場所などを伝えれば、見つかった際に返却してくれます。マンションや集合住宅では、マスターキーを紛失した場合など、鍵交換費用やオートロックの変更などに管理組合から数十万円程請求されることもあるため、警察に届け出をしておくことが必須と言えます。

大家や管理会社への連絡も忘れずに

アパートの多くは賃貸になっているので管理会社や仲介業者、大家さんなどが鍵の管理を行なっています。鍵を紛失した際は管理会社や大家さんなどに相談する必要があります。物件によっては専用の鍵屋に依頼していることもあるため、他の業者を選ぶと費用が自己負担になることもあります。夜間に管理会社や大家さんに電話などが繋がらず、仕方なく解錠や鍵交換を行なうこともあるかと思いますが、その後のトラブルを防ぐために翌日早めに連絡をして事情を伝えることも大切です。マンションや物件によってはセキュリティーを重要視しているところが多いため、鍵紛失や鍵交換に対しての相談や連絡はこまめにした方が良いでしょう。また、補助鍵の取り付けにも相談が必要と言えます。

TOPボタン