鍵紛失や鍵修理のときは鍵屋に複雑な鍵を依頼

鍵屋が勧める鍵交換とは

鍵と家の積み木

鍵の修理が終わりひと段落ついたところでしょう。しかし、鍵を紛失した場合、鍵の複製だけでは決して安心できません。鍵屋が勧める鍵交換についての話を聞いてみましょう。

本当に安心して生活を送るために(鍵屋スタッフ)

合鍵があったとしても、気になる際は鍵交換を行なうべきです。鍵と一緒に落としたものが住所を特定できる身分証明書などの場合は、本人の留守中に空き巣に入られる恐れがあるからです。金銭目的ではなく、ストーカーなどによる犯罪リスクも一気に高まります。侵入者によっては部屋の中に盗聴器や小型カメラを設置したり、パソコンをハッキングしてアプリを使って盗撮したりする恐れもあるでしょう。また鍵を拾ったものがしばらくしてから部屋に侵入することもあるため、若い女性であれば尚更防犯のために鍵交換を行なう必要がありますね。合鍵を使った空き巣やストーカー行為は強盗と違い、窓ガラスが割られているといった分かりやすい変化がないため、異変に気付きにくくなっているんです。

鍵の種類や性能も重要です(鍵屋スタッフ)

鍵の種類によって空き巣被害のリスクには差があります。しっかり施錠を行なったとしても、直ぐにピッキングされてしまう鍵では全く意味がありません。使い勝手の良さとコストの安さで一般的に普及しているディスクシリンダー錠は、ヘアピン1本を使って約3分でピッキングが可能とも言われています。そのため鍵交換を検討している場合は、鍵内部の構造が複雑でピッキングされにくいディンプルシリンダー錠が良いでしょう。シリンダータイプは鍵の内部が円筒状になっていて、複数のタンブラーと呼ばれる障害があります。これをギザギザや凹凸によって押さえながら内部を回転させて解錠します。ディスクシリンダーではこの操作が行ないやすく、一方ディンプルシリンダーでは内部構造がより複雑で鍵を使わなければ上手くできないように作られています。

TOPボタン